その他

築古の戸建て物件でも火災保険には入っておくべき?選び方と活用法を解説

築古の戸建て物件でも火災保険には入っておくべき?選び方と活用法を解説のサムネイル画像

【訳あり物件・不動産の処分・買取】
について今すぐご相談できます。
お電話での無料査定
9:00~18:00 / 定休日 日・祝・水
お電話での無料査定
0120-536-408
9:00~18:00 / 定休日 日・祝・水
タップで
お電話する

築古戸建てを相続したり、古い物件を購入したりした方の中には、火災保険の選び方や必要性に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。築古物件は老朽化が進み、火災リスクが高くなっているため、適切な火災保険への加入が欠かせません。

しかし、火災保険の種類や特約は多岐にわたり、どのような内容で加入すべきか判断が難しいものです。また、保険料を抑えるための工夫や、リフォーム後の保険見直しの必要性など、知っておくべき情報も数多くあります。

火災保険の選択を誤ると、万が一の際の補償が不十分になるだけでなく、無駄な保険料の支払いにもつながりかねません。

そこで本記事では、築古戸建てに特化した火災保険の選び方と注意点、保険料を抑えるコツ、リフォーム後の対応などを詳しく解説します。

築古戸建てに火災保険は必要?火災保険の重要性

築古戸建ては、新築や築浅の物件と比べると、火災のリスクが高くなります。その理由は、建物の老朽化により、電気配線の劣化やショートなどの危険性が増すためです。

また、木造建築の場合は、建材の経年劣化により、耐火性能が低下することも火災リスクを高める要因となります。

築古戸建ての火災リスクが高い理由

築古戸建てに火災保険を付けることで、万が一の火災や自然災害による損害を補償してもらえます。これにより、修繕費用や再建費用の負担を軽減できます。

火災が発生した際に、仮住まいの費用なども補償されるため、生活再建にも役立つでしょう。

築古戸建ての火災保険加入のメリット

築古戸建てに火災保険を付けることで、万が一の火災や自然災害による損害を補償してもらえます。これにより、修繕費用や再建費用の負担を軽減できます。また、火災が発生した際に、仮住まいの費用なども補償されるため、生活再建にも役立ちます。

築古戸建ての火災保険の選び方

ここからは、築古戸建てを所有している場合の火災保険の選び方を解説します。具体的には、以下のポイントに着目しましょう。

  • 再調達価額(新価)で補償額を設定する
  • 実損払い方式の火災保険を選ぶ
  • 類焼損害補償特約の付帯を検討する
  • 地震保険の必要性を考える
  • 電気的・機械的事故特約で設備の故障に備える

次項より、詳しく解説します。

再調達価額(新価)で補償額を設定する

築古戸建てに火災保険を付ける際は、補償額を再調達価額(新価)で設定することが重要です。再調達価額とは、現在の価値ではなく、同等の建物を新しく建てるために必要な金額のことです。時価ではなく再調達価額で補償されることで、十分な補償を受けられます。

実損払い方式の火災保険を選ぶ

火災保険には、実損払い方式と比例払い方式の2種類があります。築古戸建ての場合は、実損払い方式の火災保険を選ぶことをおすすめします。

実損払い方式では、損害額に対して保険金額を限度に実際の損害額が補償されます。

一方、比例払い方式では、保険金額が不足していると、損害額に対して一定の割合でしか保険金が支払われません。

類焼損害補償特約の付帯を検討する

築古戸建ては、火災が発生した際に、隣家への延焼リスクが高くなります。類焼損害補償特約を付帯することで、自宅の火事で隣家に延焼し、損害を与えてしまった場合の損害賠償責任を補償してもらえます。

特に木造密集地域にある築古戸建ての場合は、この特約の付帯を検討しましょう。

地震保険の必要性を考える

火災保険では、地震による火災の損害は補償されません。地震火災のリスクに備えるためには、別途、地震保険に加入する必要があります。

築古戸建ては、耐震性能が低い場合があるため、地震保険の必要性は高いといえます。ただし、保険料は高額になるため、予算と相談して加入を検討しましょう。

電気的・機械的事故特約で設備の故障に備える

築古戸建ては、設備の経年劣化により、電気的・機械的な故障のリスクが高くなります。エアコンや給湯器など、設備の故障は修理費用がかかります。電気的・機械的事故特約を付帯することで、設備の故障による損害を補償してもらえます。

築古戸建て投資では、この特約の付帯も検討しましょう。

築古戸建ての火災保険料を抑えるコツ

なるべく火災保険量を抑える上では、以下のコツを意識しましょう。

  • 割引制度を活用する
  • 必要のない特約を外す
  • 保険期間を長くして保険料を節約する

それぞれ詳しく解説します。

割引制度を活用する

火災保険にはさまざまな割引制度があります。例えば、自動火災報知設備や消火設備などを設置している場合や、耐震性能が高い建物の場合は、保険料が割引になる場合があります。

また、複数の保険をまとめて契約することで、まとめ割引が適用される場合もあります。築古戸建てでも、割引制度を上手に活用することで、保険料を抑えることができます。

必要のない特約を外す

火災保険には、さまざまな特約がありますが、中には不要な特約もあります。例えば、築古戸建ての場合、家財の補償額を抑えたり、ゴルフ用品の補償を外したりすることで、保険料を抑えることができます。

ただし、必要な補償までカットしてしまうと、万が一の際に十分な補償を受けられなくなるため、バランスを考えて特約を選ぶ必要があります。

保険期間を長くして保険料を節約する

火災保険の保険期間は、1年から10年まで選ぶことができます。保険期間が長いほど、保険料が割安になる傾向があります。築古戸建てを長期的に所有する予定であれば、保険期間を長めに設定することで、トータルの保険料を抑えることができます。

なお、途中で解約する場合は、解約返戻金がない場合もあるため、注意が必要です。

築古戸建てを購入・リフォーム後も火災保険の見直しを検討しよう

築古戸建てを購入してリフォームを行った場合は、火災保険の再設定が必要です。リフォームによって、建物の価値が上がったり、設備が更新されたりするため、それに合わせて保険金額を見直す必要があります。

また、リフォームによって、建物の構造や面積が変わった場合は、保険料が変更になる場合もあります。リフォーム後は、必ず火災保険の再設定を行いましょう。

火災保険は、定期的に見直しを行うことが大切です。建物の価値は、時間の経過とともに変化します。また、保険会社によって、保険料や補償内容が異なるため、定期的に見直しを行うことで、よりよい条件の保険に切り替えることができます。

築古戸建ての場合は、建物の老朽化が進むため、特に定期的な見直しが必要です。2〜3年に一度は、火災保険の見直しを行うことをおすすめします。

「ワケガイ」なら訳あり物件も短期で買取可能!

築古戸建ての売却には、さまざまな悩みがつきものです。老朽化や再建築不可、共有名義など、通常の不動産市場では売却が難しいケースも多いでしょう。

当社が提供するワケガイは、訳あり物件の買取に特化したサービスで、全国対応の豊富な実績を持っています。

空き家やゴミ屋敷、事故物件など、どんな物件でも最短1日、最大3億円の一括払いで買い取り可能です。

老朽化で火災保険の加入が難しかったり、リフォーム後の保険見直しが必要だったりと、築古戸建ては火災保険でも悩みが尽きません。しかし、ワケガイなら現状のまま買い取りいたしますので、面倒な手続きは不要。

築古戸建ての悩みを抱えている方は、ぜひご相談ください。

まとめ

築古戸建ての火災保険選びは、専門知識が求められる難しい課題です。再調達価額での補償設定や実損払い方式の選択など、適切な火災保険の内容を選ぶことが重要。

しかし、自己判断では見落としがちな類焼損害補償特約や地震保険の必要性、電気的・機械的事故特約の重要性など、考慮すべき点は多岐にわたります。

築古戸建てを購入してリフォームした場合は、火災保険の再設定が不可欠です。築古戸建てにまつわる火災保険の悩みを抱えているなら、プロに相談してみましょう。

この記事の監修者

監修者プロフィール写真

丸岡 智幸 (宅地建物取引士)

訳あり不動産の買取を専門にする会社の代表取締役。
相続やペアローンによる共有持分、空き家、再建築不可物件、借地、底地など、権利関係が複雑な不動産の買取を専門としている。
訳あり不動産の買取サービス「ワケガイ」、空き家、訳あり不動産CtoCプラットフォーム「空き家のURI・KAI」を運営。
買取の経験をもとに、訳あり不動産の解説をする著書『拝啓 売りたいのに家が売れません』を2024年5月2日に出版。

【訳あり物件・不動産の処分・買取】
について今すぐご相談できます。
お電話での無料査定
9:00~18:00 / 定休日 日・祝・水
お電話での無料査定
0120-536-408
9:00~18:00 / 定休日 日・祝・水
タップで
お電話する

この記事をシェアする


最新の投稿

カテゴリー

キーワードから探す